いろいろな引越しプランを見比べて自分にあったプランを選択

得する生活の知恵

ダンボール

春が近くなってくると、どうしても引越しのことを考えなければならない人は多いはずです。引越し費用を安く抑えたいのであれば、個人で行なうことも可能です。しかし、運ぶ最中に家具を壊してしまう可能性もあるため、プロに任せた方が良いでしょう。格安で迅速に対応してくれるため、すぐに作業を終えることができます。

お得に利用する方法

作業員

単身パックと家族パック

神奈川県から新しい土地に引越しをすることが決まったら、普通はプロの引越し屋さんを利用します。引越し屋さんは、様々な料金プランがあります。一人暮らしで神奈川県からよその土地に引越しをするなら、単身パックがおすすめです。単身パックは専用のケースに荷物を入れるだけの、簡単な引越しです。料金は定額なのでリーズナブルです。一人暮らしではなくても、荷物が少ない人なら誰でも利用できます。家族で神奈川県から引越す場合は、家族パック(ファミリーパック)がお勧めです。これは家族単位での利用がお得になる料金プランです。一戸建てまるごとだと荷物が多くなるので、費用も高くなります。しかし、ファミリーパックなら荷物が多くても割安です。

手続きを早めにする

住まいを替えることになると、住所が変わるのでいろいろな手続きが必要になります。梱包作業もあるので、最低でも1ヶ月以上前から、計画的に引越しをすることが大切です。神奈川県から他の土地に引越しをする場合は、住民票を移す必要があります。まずは現在住んでいる神奈川県の市区町村役場に行って、「転居届」を交付してもらいます。そして新しい住まいに引越しをしたら、新住所を管轄する市区町村役場に行って転居届を提出します。そうすれば転入の手続きができます。転居届の交付は引越しをする14日以内に、転入の手続きは引越しをしてから14日以内にする必要があります。万が一手続きが遅れると、過料の対象となる場合があるので注意が必要です。

新しい賃貸への転居

荷造り

賃貸から退去して新しい家に引越すことが決まったら、早めに退去の手続きを済ませることが大切です。賃貸契約の解約手続きはしっかりしないと違約金が請求されます。引越し業者を選ぶために、早めに見積もりをして相場を調べておくことも大事です。

大切なのは事前の確認

部屋

引っ越しの際には殆どの人が利用することになるのが引っ越し業者です。数多くある業者の中からこれだという業者を見つけるためにも、見積もりは欠かせません。電話、訪問、WEBでの一括請求と依頼者自身で見積もりの方法は選べるようになっているので、納得できる方法で失敗しない引っ越し業者選びをするのが大切です。